車間距離がわからない?

『ペーパードライバー』の場合、「車間距離」が分からないという人が多いです。

「車間距離」が分からないと事故を招く危険があるので、注意してください。

まず、「車間距離」は速度によって異なります。

時速30キロ~60キロの場合だと、15を引いた数字が適切な「車間距離」の目安です。

例えば、時速30キロだと15メートル以上、時速60キロだと45メートル以上の「車間距離」が必要ということになります。

そして、その時の天候や路面状態によっても適切な「車間距離」は異なるので、気をつけましょう。

雨が降って路面が濡れている場合には、普段よりもブレーキの効きが悪いので、いつもの2倍くらいの「車間距離」をとった方がいいです。

また、大型トラックや大型バスが前を走っている時は、標識や信号が見えにくいため、気持ち長めに「車間距離」を開けるようにしてください。

そうすることで、安全に運転しやすくなります。

渋滞の時には、つい「車間距離」を詰めがちですが、あまりにも詰めすぎてしまうと、前の車が急ブレーキをかけた場合に追突してしまう危険があるので、注意しましょう。車売るなら

腰痛にいい椅子とは?

長時間同じ姿勢で座っていると【腰痛】になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は【腰痛】対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、【腰痛】を引き起こしてしまいます。「椅子」に座れば【腰痛】が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている「椅子」の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、【腰痛】を引き起こしてしまうことも少なくありません。【腰痛】用の「椅子」は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。【腰痛】用の「椅子」には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。【腰痛】用の「椅子」を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。【腰痛】用の「椅子」の中で、ダントツの人気を誇るのが、座「椅子」タイプになります。【腰痛】用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、「椅子」と体に隙間がなくなり、【腰痛】が楽になるでしょうホスピピュア