車間距離がわからない?

『ペーパードライバー』の場合、「車間距離」が分からないという人が多いです。

「車間距離」が分からないと事故を招く危険があるので、注意してください。

まず、「車間距離」は速度によって異なります。

時速30キロ~60キロの場合だと、15を引いた数字が適切な「車間距離」の目安です。

例えば、時速30キロだと15メートル以上、時速60キロだと45メートル以上の「車間距離」が必要ということになります。

そして、その時の天候や路面状態によっても適切な「車間距離」は異なるので、気をつけましょう。

雨が降って路面が濡れている場合には、普段よりもブレーキの効きが悪いので、いつもの2倍くらいの「車間距離」をとった方がいいです。

また、大型トラックや大型バスが前を走っている時は、標識や信号が見えにくいため、気持ち長めに「車間距離」を開けるようにしてください。

そうすることで、安全に運転しやすくなります。

渋滞の時には、つい「車間距離」を詰めがちですが、あまりにも詰めすぎてしまうと、前の車が急ブレーキをかけた場合に追突してしまう危険があるので、注意しましょう。車売るなら